会員様の声(活用例・競売サポート成功事例等)

株式会社プロジェクト/根来 章様

株式会社プロジェクト/根来 章様

今回の地域で頑張る「ひと」のコーナーは、滋賀県栗東市に事務所を構える株式会社プロジェクトの根来章様です。株式会社プロジェクトは平成29年3月に加入された会員様で、行政書士事務所も兼務しており、不動産に関する法律や豊富な実務知識が「ウリ」です。根来様ご自身は「不動産の知恵袋」、不動産の任意売却や競売入札手続きのサポート、競売や任意売却で手放された不動産の買戻し、親族間の売買・ローンの相談などを受けるほか、行政書士事務所ならではの相続コンサルティングや土地開発、農地転用その他各種許認可取得のサポートをメイン業務としています。今回は、滋賀県初登場、根来様に志賀県の不動産市場を踏まえ、不動産体験談などをお聞きしました。

1.貴社及び根来様のプロフィールをお聞かせ願います。 
(休日の過ごし方、趣味なども踏まえて。)
私は行政書士事務所と不動産コンサルを中心とした宅建業を営んでいます。
私は行政書士事務所の経営を20数年、ほぼ専業としてやって来ました。

得意分野は建設業を中心にした許認可申請と相続です。
休日の過ごし方と言われると、これが有るような無いような日常ですけれども、いまのところゴルフだけが仕事外の活動です(笑)。家から1時間以内にたくさんゴルフ場があります。一番、近いところは車で20分ほどの距離です。この点は恵まれていますよね。

2
.根来様が不動産に従事したきっかけをお聞かせ願います。
平成初頭のバブルの直前に住宅の仲介販売業の会社に就職したことが、この仕事につくはじまりです。それ以前にも司法書士事務所に勤務していましたので、不動産取引とはかかわりはありました。

3. 
滋賀県の不動産市場、競売市場をどのようにお考えでしょうか?
滋賀県は人口がまだ増えると言われる地域と過疎化が進む地域の両地域が存在します。
人口がまだ増えると言われる地域では、大阪や京都のベッドタウンとして、いまだにマンション、戸建ともに新築中心の市場かと思います。
競売は数が少ないんじゃないでしょうか。また、人気物件には入札が集中し、高値落札も多いようですね。

4
.根来様が競売不動産を扱うようになったきっかけ、FKRへの入会動機をお聞かせ願えますか
最近、不動産の仕事も増やして行きたいと考えていたのですが、買った人が住む住宅を扱うという従来の仕事の延長線上と違うジャンルの仕事も良いかと思っていました。
そこで、投資向け物件に興味を持ち、あれこれ模索するうちに、競売協会に出会いまして、競売も物件仕入れルートの一つにしたいと考えました。

5
.協会に入って良かった事はありますでしょうか?

やはり、視野が広がったこと、新しい仲間に出会えたことでしょうね。

6
981.jpをどのように活用していますしょうか?

今年の3月入会で、まだまだ勉強中の身ですが、投資物件を探す人と出会う機会が増えそうなので、うまくwin-winの関係を築いていきたいと思っています。



7981.jpで苦労している点や失敗した事、ここは良かったという事があればお聞かせ願えますか?
まだ入会して半年なので、そこまでの事例の集積がないです、すみません。

8.
根来様は行政書士も兼務しておられますが、競売とのつながりや力を入れている事、強みはございますでしょうか。
これまでも、任意売却や相続を入口として不動産の相談を受けて来ましたので、競売というジャンルを一つ加えて、これを新しい強みとできるよう頑張ります!
行政書士業務との関係で、目新しいところでは、民泊だと思います。民泊の許認可も複雑化する傾向にあると思いますので、こちらも鋭意、研究中です。

9.
最近、セミナーも開催されておられますが、どのような感想をお持ちでしょうか。お客様はどんな方が多いですか?
セミナーに来られる方は、やはり、競売や不動産そのものについて、あまり理解していない方が多いようですね。

10.
今後、貴社の競売サポートプランを教えていただけますでしょうか。

とにかく、投資家さんと仲良くなりたいですね。
最近は特に不動産の投資と相続のサポートに自身の活動を集中したいと考えています。

また、これからの日本は、やはり観光立国を目指すべきで、そのための資源の保存や活用が大事だと思います。競売にも大いに関係のある、空き家活用、民泊をキーワードと見据えて頑張ります!

11.
その他、会員様へのメッセージをお願いいたします。
新入りです。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

不動産競売流通協会へ加入するには