金融機関の皆さま

皆様は競売物件にローン(融資)を使える事はご存知でしたでしょうか。
「競売は現金でしか買えない」というのは昔の話です。

  • 詳しい内容はこちら
  • 閉じる
    平成10年(もう16年も前の事です)民事執行法82条第2項の制度ができたことにより、競売物件に抵当権を付ける事ができるようになりました。金融機関の皆さまにとっても安全に融資ができる環境が整っています。また、一般消費者が競売物件を入手する際、ローンを利用したいと考えている方がとても増えております。しかしながら、競売物件に対する間違った認識なのか、積極的にローンを取り組んで頂いている金融機関はまだまだ少ない状況です。
    
    また、皆様(金融従事者)が事情により処理をする不動産、担保として的確な価値を有しているのか、実際に競売にかかった場合の予想価格はどんなものなのか、競売の仕組みを知る事により「何故、この価格なのか」「どうやって算出されるのか」が明確になります。
    
    この度「金融従事者向 競売不動産セミナー」を開催いたします。日々の疑問点を解消するため、「債権回収・融資実行の専門家」となるために、この機会に「競売」の仕組みを学習してみてはいかがでしょうか。受講料は無料となっておりますので、是非、ご出席ください。
    
    
    定員:20名(先着順受付)
    参加要件:金融機関従事者
    費用:無料
    
    【内容】
    1.不動産競売を理解するための知識
    2.競売絡みの債権回収や融資実行
    3.金融従事者のための「競売不動産取扱主任者」の活用法
    4.質疑応答など
    

金融従事者向競売不動産セミナー 参加お申し込み

お申し込み数が定員に達したため、締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。