債務整理で不動産売却をしなければならない

◆ある弁護士の声

「任意整理(和解)、民事再生(個人再生)、自己破産(破産・免責)など、債務整理において担保権者や利害関係人との交渉を自ら行い、配分案を作成し、裁判所の売却許可申請までしているため負担量が多い、丸投げできるような仕組みがあれば…」というお声が多方から聞こえてきます。
超高齢化社会に伴う「老後破綻」、住宅ローン滞納による「任意売却」、アパートローン債務による「自己破産」など、士業の皆様が抱える業務は増加の一途をたどっています。
FKR不動産オークションなら、士業の皆様が破産管財人として業務をされる中で、また、依頼された任意整理の案件の中で生じる不動産物件の売却及び各担保権者の抹消処理など、面倒で煩わしい業務は全てFKR会員に丸投げすることも可能です。

◆債務整理は時間との勝負

スケジュール厳守、債権者との調整、不動産の売却とその回収額など、時間との勝負もあれば、出来るだけ高額な債権額の弁済で話をまとまりやすくしたいものです。
買いたい人が集まるFKR不動産オークションなら高額落札により債権額を上回る回収も無理ではありません。今までとは異なる形で購入希望者を見つけることが可能です。

◆FKR不動産オークションの5つのメリット
  • 期限内に、早く、確実に、売却できる!
  • FKR会員が出品から引渡しまで、全面的にサポート、安心して出品できる!
  • 最低売却価格を決めることができる!
  • 広く物件情報を宣伝するため、相場より高値で売却できる!
  • 入札制度なので公平で透明性が高い
お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。
お気軽にお問い合わせください。
03-5776-0981
受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]