2017年度 競売不動産取扱主任者資格制度に基づく資格更新登録のご案内

競売不動産取扱主任者資格登録の有効期間を5年と定めています。 資格登録の更新は、更新講習の課程を修了し、更新登録を行うことで完了します。 こちらのご案内は、現在所有しておられる主任者証の有効期限が平成30年3月31日の方 に通知しております。

資格更新講習・更新登録のお申込み

手続き内容につきましては、2017年度 競売不動産取扱主任者資格更新講習・更新登録案内書をご確認の上、「更新講習」の内容 を事前にご確認ください。

資格更新講習の手続の流れ(フロー)

資格更新講習の手続の流れ

お手続内容

お申込方法

(1)申込方法
申込方法は郵送のみとなりますので、以下の申込要領に従いお申込み下さい。
更新案内同封の「競売不動産取扱主任者【更新登録】申込書」に必要事項をもれなくご記入の上、以下の書類を貼付し、ご返送下さい。

① 更新新申込書の顔写真
6か月以内に撮影したものであること
縦4.5cm×横3.5cm(パスポートサイズ)

② 決済方法
振込受付票(銀行窓口の場合)や利用明細書(ATMの場合)等受験料の払込の記録となるものの原本又は、コピーを受験申込書の指定場所に貼付して下さい。
上記書類の原本をもって、領収書に代えさせて頂きます(別途、領収書は発行しません)。なお、上記書類はご返送できません。予めご了承下さい。

(2)申込み受付期間
2017年度の更新講習受講申込の受付期間は次のとおりです。
2017年11月1日(水)~12月15日(金)

受講方法

更新講習の方法は「在宅講座」とし、更新講習テキストを自習の上、修了考査問題を解答して合格点に達する。

更新手数料
更新手数料 18,000円(19,440円税込)
※振込手数料はお客様のご負担でお願い致します。
振込先口座 みずほ銀行 浜松町支店 普通口座 1342437
シャ)フドウサンケイバイリュウツウキョウカイ
払込期限 原則、1週間以内にお振り込みください。
注意事項 1. 必ず「更新登録申込者名」でお振込みください。「会社名」では確認できないことがあります。
2. 振込手数料は貴殿方の御負担でお願いいたします。

主任者登録更新のメリット ※プロとして活躍の場が拡がります!

1.不動産ADR調停人登録
競売不動産取扱主任者が基礎資格となりますので、指定研修受講後、法務大臣認証機関「日本不動産仲裁機構」にADR調停人候補者として登録可能
2.FKR会報誌 年1回発送(個人会員は毎月)
競売の知識、不動産時事ネタ、成功者の声、世界の不動産事情など明日から業務に取り入れよう、不動産業界の今話題のネタ、海外不動産の動きなどを提供しています。
3.主任者限定講座、懇親会、レクリエーション等への参加可能(人脈形成の場)
さらなるステップアップを図るため「競売不動産取扱主任者限定実務講座」を各地で開催しております。実務に多様な不動産競売の現場に携わり現地調査から強制執行まで自ら経験している不動産のプロや執行補助者として執行官とともに行動しておられる講師による実務講座は貴重な体験談を聞く機会です。参加者からは大変好評を得ております。 【開催実績】 2013年 東京会場 2014年 東京会場・大阪会場 2015年 大阪会場・東京会場・名古屋会場・仙台会場・金沢会場・福岡会場・沖縄会場 2016年 大阪会場・札幌会場・東京会場 講習会後の懇親会では、不動産従事者、金融従事者、法律家、大家さん等が参加され、交流を図っております。最近では学生の受験も目立ちますので、求人などリクルート活動の一環となるかもしれません。
主任者講習1 主任者講習2 主任者講習3
4.主任者登録につき981.jpの有料会員「ベーシック会員、プロ会員」の会費が半額
月会費981円(税抜)のベーシック会員、10,000円(税抜)のプロ会員の会費が半額となります。プロ会員なら利用できるデータは FKR正会員並みに利用できます。 【活用例】 ・過去3点セットを購入する場合、981.jp無料会員は1事件につき3,000円(税抜)となります。競売不動産取扱主任者として5年登録後、更新登録をした場合に限り、981.jp有料会員の月会費が半額となりますのでベーシック会員の場合、490.5円(税抜)で3事件までダウンロードが無料、プロ会員に限っては5,000円(税抜)にて20件までダウンロードできますので、かなりお得です。 → 通常の無料会員 1件につき3,000円(税抜) → ベーシック会員 490.5円で3件まで無料  通常なら3,000円×3件=9,000円 → プロ会員    5,000円で20件まで無料  通常なら3,000円×20件=60,000円
5.不動産業界への就職・転職が有利
(※FKR入会には「主任者在籍」が必須となりました)。 2017年4月よりFKRへの加入に際し、競売不動産取扱主任者の在籍が必須となります。 FKRは不動産競売を扱う不動産業者、それに賛同している士業、金融機関、建設業などが加入する全国で唯一の協会です。 現在、全国で登録している方は2,500名です。資格保有者がいないとFKRには加入できないという事ですからFKRに加入したいという業者様にとって皆様が重要な存在になる事は間違いございません。