出題範囲・学習のポイント

試験の出題範囲

主に、下記の記載内容について出題されます。
出題に係る法令等については、平成28年4月1日現在において施行されている法令等です。

不動産競売手続に関する基礎知識 競売不動産の特徴、不動産競売の全体像、裁判所資料、公法上の規制
不動産競売の法理論と実務 民事執行法の概要(申立手続、開始手続、売却手続、及びその進行、債権関係の調査、権利関係の調査、裁判手続の保全と売却条件の判断)、裁判所交付資料の理解(読み方と実務上の注意点)、滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律の概要
不動産競売を理解する前提となる法律知識 民法、借地借家法、建物区分所有法、不動産登記法、宅地建物取引業法、民事執行法、民事訴訟法、民事保全法、建築基準法、都市計画法等
競売不動産の移転、取得等に関する税金等 登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税、印紙税等

過去問サンプルとFAQはこちら

学習のポイント

本試験は、「競売不動産を正しく消費者へ説明できる」ために必要な知識を有しているかどうかを問うことを目的としています。
ですから、出題分野は広範囲にわたりますが、出題は、不動産競売手続に関する基礎知識と不動産の法理論と実務の分野から多く出題されます。

そこで、試験対策としては、宅地建物取引業法が適用されない競売不動産の特徴を把握したうえで、競売不動産がどうやって出品され、どのような流れで入札から落札に至り、引き渡しが行われるかの手続の流れと裁判所資料(3点セット)の理解については、少し深めに重点的に学習し、関連の知識は、概要を押える程度に学習するのが効率的です。

宅建学習者であれば 20~25 時間程度の勉強で合格できる内容です。(過去問サンプル

学習用テキストのご案内

試験対策直前講座の開催

受験参考図書

  • 民事執行の実務 不動産執行編〈上〉
  • 民事執行の実務 不動産執行編〈下〉

インターネット出願はこちら 郵送出願及び受験案内のお申し込みはこちら