過去問サンプルとFAQ

どんな問題が出ますか?(問題例)

過去に実際に出題された問題の一部を掲載しています。

【問1】競売事件に関する以下の記述の( )内には、①担保不動産競売事件、②強制競売事件、③形式競売事件、のいずれかの語句が入るが、①担保不動産競売事件が入るものとして正しいものはどれか。
 執行裁判所が扱う競売事件には、主に( a )と( b )の2種類があり、件数が 多いのは、( c )です。また、極まれに( d )があります。  ( e )は、事件番号の符号が(ケ)と表示されます。( f )は、事件番号の符号 が(ヌ)と表示されます。( g )は、実体法上の一般財産に対する強制執行手続であり、 ( h )は、実体法上の担保権の実行手続です。いずれも、債務者が債務を返済するこ とができなくなったときに、不動産を民事執行法の規定により売却して、それによって得 た代金を債権者に配当して債務の返済に充てる強制執行手続ですが、この手続の流れに 関しては、民事執行法上、( i )に関する規定が( j )に準用される形がとられて おり、手続の同一化が図られています。 1.a c e h j 2.b f g i 3.a c e g i 4.a c f g j 解答を見る解答)1.a c e h j
【問2】一般の不動産取引物件と比較した場合の競売物件の特徴に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。
 ア 裁判所の介入によるスムーズな物件の引渡しが保障されている。  イ 買受人は宅建業法による保護を受ける。  ウ 買受希望者から内覧を認めるよう申し立てる制度はない。  エ 売主の瑕疵担保責任の規定の適用がない。 1.ア・イ 2.ア・エ 3.イ・ウ 4.ウ・エ 解答を見る解答)4.ウ・エ 【問3】不動産強制競売手続の一部を並べた記述のうち、時系列順に並べたものとして最も適切なものはどれか。 1.強制競売の申立て → 強制競売の開始決定 → 売却基準価額の決定 → 現地調査 2.強制競売の開始決定 → 売却許可決定 → 現地調査 → 売却基準価額の決定 3.評価書の作成 → 強制競売の開始決定 → 売却基準価額の決定 → 配当等の実施 4.強制競売の開始決定 → 現地調査 → 売却基準価額の決定 → 売却許可決定 → 代金納付 解答を見る解答)4.強制競売の開始決定 → 現地調査 → 売却基準価額の決定 → 売却許可決定 → 代金納付 【問42】不動産登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1.敷地権付き区分建物について売買を原因とする所有権移転の登記をする場合、敷地権の移転登記をする必要はない。 2.敷地権付き区分建物の場合、一棟の建物の表題部には、敷地権の目的たる土地の所在及び地番、地目等が記録される。 3.抵当権の順位の変更は、登記記録の権利部の甲区に記録される。 4.賃借権設定の仮登記は、登記記録の権利部の乙区に記録される。 解答を見る解答)3.抵当権の順位の変更は、登記記録の権利部の乙区に記録される。

インターネット出願はこちら 郵送出願及び受験案内のお申し込みはこちら


よくあるご質問(FAQ)

お客さまからよく寄せられるご質問を掲載しています。

Q. 競売不動産取扱主任者の資格の概要について教えてください。

試験概要ページをご確認ください。

Q. 国家資格になりますか?(国家資格ですか?)

本資格は不動産競売流通協会が主催し公認している民間資格です、国家資格ではありません。将来的には公的な資格として認知されるよう活動しております。

Q. 今度の試験はいつですか?

2017年12月10日(日)に行います。

Q. 試験会場はどこですか?

札幌・仙台・新潟・金沢・埼玉・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇 です。
受験人数が確定してから、試験会場を割り振りますので、詳細は未確定です。
試験2週間程前に発送される受験票に記載されますので、そちらでご確認ください。

Q. 願書を入手するにはどうしたらいいのですか?

8月1日以降、入手が可能です。方法は2つあります。
① ホームページから直接ダウンロード
ホームページにて案内書をご請求(郵送にてお送りします)

Q. 受験申込の方法は? 受付期間は?

8月1日以降、受付開始いたします。方法は2つあります。
① インターネットでの申込(10月31日いっぱい)
② 郵送(10月31日消印有効)

Q. 受験料の振込先が分からないので、教えてほしい。

【振込先】
みずほ銀行
浜松町支店(店番148)
普通口座 1342437
シャ)フドウサンケイバイリュウツウキョウカイ
(一般社団法人不動産競売流通協会)

Q. 試験は難しいですか?

合格率は昨年度は38.2%(合格点30点)でした。(合格ラインは7割(35点)程度が一応の目安となります。 難易度は、同種の試験がないので、比較は難しいですが、宅建より少し易しい程度です。

Q. テキストや教材は売っていますか?

①公式テキスト「競売不動産の基礎知識」が発刊されています。
②「競売不動産取扱主任者 演習問題集」が発刊されています。
③DVDによる対策講座が販売されています。
販売サイトはこちら(外部サイト)

Q. 学習期間を教えてください。

15時間から30時間を想定しています。1日2時間行えば、3週間程度でしょうか。

Q. 公式テキストを買わないと受かりませんか? 公式テキストを使って勉強したら受かりますか?

試験範囲をしっかり学習すれば受かることは可能です。但し、試験範囲が広範囲にわたること、不動産競売に手続に関する概要がまとまっている類書がないこと等から、公式テキストを使用する方が多いです。又、公式テキストに記載されている内容は、出題基準となっているので、公式テキストを使用する方が効率の良い受験対策が可能です。

Q. 宅建と同時受験をしたい。不動産鑑定士を持っているが受験できないのか。

特に受験資格はありません。昨年までは、宅建主任者試験合格が要件でしたが、昨年からは撤廃されました。ただし、登録時には、宅建主任者合格が要件となります。

Q. 宅建は合格しているが、実務経験がありません。実務経験がなくても受験はできますか?

実務経験は、受験資格とはされていません。

Q. 受験申込(受験料)と試験対策講座(講座受講料)の振込先が同じなので、まとめて振込をすることはできますか?

申し訳ございませんが、別々に振込をお願いします。振込の際、「受付番号+お名前」を振込名義人としてご入力頂く必要がございます。「受付番号」の部分が受験申込(受付番号)と試験対策講座(受講生番号)で異なりますので、まとめてお振込を頂くことはできません。ご了承願います。

Q. 会社名義でまとめて社員5人分の受験申込(受験料)の振込をしたいのですが、できますか?

例外として、以下のように手続きを進めれば、会社名義でのお振込も可能です。(ただし、万一不備がある場合、書類不備として、受験票の発送が遅れる場合があります。予めご了承を頂いてください。)
【受験申込書を使って出願する場合】
①振込の際、振込名義人に「会社名+(5人分受験料)」と入力してください。
②願書を送付する際、1枚の出願封筒にまとめて5人分の願書を同封し、必ず封筒の「希望試験地」の箇所に「5名分」と記載してください(封筒に記載する欄があります)。
③振込証明書の余白に5人分の「受付番号+氏名」が分かるように必ず記載し、このコピーを各受験者の願書に貼付してください。(余白に入らない場合は、別紙を添付してください。)
【インターネット出願する場合】
メールにて振込をされた当日に、下記の4点を不動産競売流通協会試験センターまでメールにてお送りください。
メール送信先:
①振込日
②振込金額
③振込名義人(会社名)
④実際に受験される方の申込番号と名前(5人分)

*上記は5人場合です。1名でも2名でも同様です。

Q. 会社名義でまとめて社員3人分の試験対策直前講座(講座受講料)の振込をしたいのですが、できますか?

例外として、以下のように手続きを進めれば、会社名義でのお振込も可能です。
メールにて振込をされた当日に、下記の4点を不動産競売流通協会試験センターまでメールにてお送りください。
メール送信先:
①振込日
②振込金額
③振込名義人(会社名)
④実際に試験対策直前講座を受講される方の受講生番号と名前(3人分)

*上記は3人の場合です。1名でも2名でも同様です。
*試験対策直前講座はインターネット申込のみの受付となっています。

インターネット出願はこちら 郵送出願及び受験案内のお申し込みはこちら