【 日本不動産仲裁機構(法務大臣認証裁判外紛争解決機関)の調停人基礎資格 】

競売不動産取扱主任者資格

「競売不動産取扱主任者」が一般社団法人 日本不動産仲裁機構(法務大臣認証裁判外紛争解決機関)の不動産ADR調停人基礎資格の認定を受けました。

ADR基礎資格 ADR基礎資格

調停人研修・登録までの流れ(競売不動産取扱主任者)

調停人の業務内容には、以下の2つになります。
(1) 調停業務
(2) 調停業務&専門調査
※「調停業務」とは、双方の仲裁に入り裁判外調停などを行うこと
 「専門調査」とは、弁護士などの依頼で専門性の助言などを行うこと

(1) の場合
日本不動産仲裁機構指定研修受講→調停人登録→調停業務
費用(税別):講習費用約55,000円(20時間予定)

(2) の場合
日本不動産仲裁機構指定研修受講→調停人登録→専門講習→FKR個人会員登録→調停業務&専門調査
費用(税別):講習費用約55,000円(20時間)+約12,000円(4時間)+約1,500円/月(FKR個人会員)

日本不動産仲裁機構の研修は全国展開の資格試験予備校の「LEC」で開催します。
(通信講座と実際の教室での修了確認テスト)

ADR研修についてお問い合わせはこちら

0570-064-464(LECコールセンターADR研修受付係)

ADR専門講習スケジュール

ADR調停人基礎研修はこちら

受講日受講地
{{ item.jpdate }}{{ item.jptime }} {{ item.name }}会場 {{ item.traffic }}
現在ADR専門講習のお申込み期間外です。

競売不動産取扱主任者ADR専門講習申込