正会員

会員の資格
  1. 当協会の目的に賛同し、競売物件及び任意売却物件の取り扱いに関わる事業者、また今後参入を予定している事業者(個人事業・法人は問わない)
  2. 宅地建物取引業免許を保有していること。
会費

事務局までお問い合わせください

会員規約
  • FKR会員規約
  • 会員は積極的に競売物件・任意売却物件を顧客に提供し、安全で適正な取引を行うものとする。
  • 競売関係法規の正しい取り扱い、正確な情報開示を行い顧客へ説明すること。
  • 入会時に協会が主催する講習会を受講すること。

不動産業者の皆さま

本会は、競売物件および任意売却物件を取り扱う宅地建物取引業者および、債権者となる金融機関を主体とし競売物件・任意売却物件の適正な取引を図り、その正しい流通と発展を目的としています。

正会員ならびに賛助会員用はこちらから FAXでの入会申し込みはこちら

お問い合わせフォーム

賛助会員

会員の資格
  • 当協会の目的に賛同し、競売物件・任意売却物件の流通をサポートする事業者。
    (金融機関、弁護士、司法書士、建築・リフォーム業者、運送業者等)
会費

事務局までお問い合わせください

金融機関の方

 不動産競売流通協会には、各地域で積極的に活動している中小不動産会社が会員として組織されています。不動産の不良債権処理の迅速化と効率的な不動産流通の為、協会でご提案できることは様々です。具体的には「任意売却」案件の会員内入札など。競売に出した場合の予想価格などもご提案可能です。また、競売不動産をマイホームとしてローンをお望みの方も多数おります。現在は所有権移転と同時に抵当権設定も行え、ほとんどの物件は占有解除も所有権移転時までに済んでおります。金融機関向けに競売ローンの開発も行っております。

弁護士の方

 競売落札後の明渡し交渉、その他、競売サポート業務では、弁護士様の役割は非常に重要となります。地域不動産業者と連携して、業務を行うことによって、スムーズな落札~受け渡しが行われると思っております。協会では、弁護士事務所と会員不動産業者を顧問契約で結ぶシステムもございます。

司法書士の方

 競売で住宅ローンを組む場合の司法書士の役目は非常に重要です。また不動産競売を取り扱ったことのない方の為に当協会では、競売での司法書士様の役割、及び業務の流れもご説明させて頂いております。競売物件に慣れている司法書士様が少ないことから業務の幅が広がる良い機会かと思います。 地域の金融機関、競売サポート会社と業務を行うメリットがございます。

建設会社・解体業者等の方

 競売で落札された物件のほとんどはリフォームを必要としています。入札前から概算見積りを必要とされているお客様も非常に多いのが現状です。 競売物件にご理解のあるリフォーム・建設業者・解体業者様、地域の競売を取扱う不動産業者とお客様のご対応をお願いできればと思っております。

正会員ならびに賛助会員用はこちらから FAXでの入会申し込みはこちら

お問い合わせフォーム

個人会員

会員の資格
会費

入会金15,000円・月会費1,500円

個人会員お申込みはこちら