試験合格後の主任者登録について

2018年度登録講習スケジュール

※今年度開催から「登録講習会場」が増えました。(講習生中継)
※各会場とも受付開始は10:10~となります。
※講習の生中継会場は、下記地域のLEC東京リーガルマインド校となります。(会場詳細等は、後日送付する受講票参照)

2019年2月13日(水) 東京会場
2019年2月20日(水) 大阪会場
2019年3月 3日(日) 福岡会場
2019年3月 6日(水) 東京会場
2019年3月10日(日) 東京会場
(講習生中継)・札幌会場 ・仙台会場 ・大宮会場 ・名古屋会場 ・大阪会場 ・広島会場 ・高松会場
2019年3月13日(水) 大阪会場
(講習生中継)・仙台会場 ・大宮会場 ・広島会場 ・高松会場 ・那覇会場
2019年3月17日(日) 大阪会場

受験から主任者証交付までの流れ

2018年11月14日(水)発送予定
2018年12月09日(日) 14:00~16:00
※合格者には合格証書が届きます。
主任者証の交付を受けるには登録講習を受講して登録することが必要です。
登録講習費用
15,000円
(税込16,200円)
主任者交付費用
15,000円
(税込16,200円)
■登録要件
・以下の①と②の要件を満たすことが必要です。
①宅地建物取引士(主任者)資格登録者又は宅地建物取引士(主任者)試験合格者であること
②当協会の指定する競売不動産取扱主任者「登録講習」を受講すること。
※当協会正会員業者従事者対象の「正会員入会講習」を2019年3月末までに受講されている方は登録講習は免除されます。
※登録講習費用15,000円(税込16,200円)

※主任者証の有効期限は交付日より5年間です。
更新は、更新時講習を受講後新たな主任者証を交付します。
(更新時講習と交付手数料を合わせて18,000円(税込19,440円)になります。)

  • 合格証明書の発送
    合格者には合格証明書を送付します。
  • 登録及び登録証の交付
    試験合格後、登録要件を満たす方は、不動産競売流通協会へ競売不動産取扱主任者として登録し、主任者証の交付を受けることができます。
    登録、並びに主任者証の交付手続きは次のとおりです。
    • 試験の合格効力
      試験合格の効力は、試験合格年度以降も継続し、登録要件を満たす方は随時、登録と主任者証の交付を受けることが可能です。
    • 登録要件
      1.不動産競売流通協会正会員業社に従事されている方で不動産競売流通協会主催「入会講習」を受講した方、または2019年3月20日までに受講予定の方。
      2.不動産競売流通協会が主催または指定する「競売不動産取扱主任者登録講習」を受講し、修了した方。
      ※上記どちらか一つに該当すること
    • 登録の欠格事由
      次のいずれか一つに該当する方は、登録することは出来ません。
      1.成年被後見人または、被保佐人
      2.禁錮以上の刑に処され、刑の執行が完了または刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない方
      3.破産者で復権を得ていない方
      4.宅地建物取引業法の規定により宅地建物取引士(主任者)としてすべき事務を禁止され、その禁止期間満了の日から5年が経過していない方
      5.宅地建物取引士(主任者)資格試験に合格していない方
    • 登録手数料
      15,000円(税込16,200円)
      ※主任者証交付手数料も含む。登録講習は別途受講料がかかります。
    • 登録申請書類
      登録申請に必要な書類は同封されている登録カードと次の書類です。
      1.有効期限内の宅地建物取引士(主任者)証の写し(コピー)または、宅地建物取引士(主任者)資格試験の合格証の写し(コピー)
      ※合格証書を紛失した方は、「合格証明書」の交付が受けられます。詳しくは財団法人不動産適正取引推進機構にお問い合わせください。1.の書類に代わり「合格証明書」でも可。
      2.登録申請日より3ヶ月以内に発行された住民票の写し(コピー不可・本人のみの記載可。)
      3.写真 縦4.5センチ×横3.5センチ(パスポートサイズ) 1枚 (同封の競売不動産取扱主任者登録カードに貼付)
      ※写真の裏側に、合格番号と氏名を必ず記載のこと。
    • 主任者証の交付日および有効期限
      主任者証の有効期限は交付日より5年間です。
      更新は、更新期限半年前より指定の講習を受講後、新たな主任者証を交付します。
      (講習と交付手数料を合わせて18,000円(税抜)を予定しています)
  • 登録講習について(入会講習を受講していない方)
    • 講習の内容
      [午前]
      ・競売不動産の現状について
      ・競売不動産を取扱うための実践的な法律、実務(実在する物件の三点セットを使って解説します)
      [午後]
      ・競売不動産を一般消費者へ紹介する為の注意点と事業に組み入れるノウハウ
      (競売不動産の問合せ対応から、入札、落札、強制執行までを実務を交えてレクチャーします)
      ・主任者証交付
    • 開催スケジュール
      ※今年度の開催は下記スケジュールのみになります
      ※各会場とも受付開始は10:10~となります。
      ※講習の生中継会場は、下記地域のLEC東京リーガルマインド校となります。(会場詳細等は、後日送付する受講票参照)
      2019年2月13日(水) 東京会場
      2019年2月20日(水) 大阪会場
      2019年3月 3日(日) 福岡会場
      2019年3月 6日(水) 東京会場
      2019年3月10日(日) 東京会場
      (講習生中継)・札幌会場 ・仙台会場 ・大宮会場 ・名古屋会場 ・大阪会場 ・広島会場 ・高松会場
      2019年3月13日(水) 大阪会場
      (講習生中継)・仙台会場 ・大宮会場 ・広島会場 ・高松会場 ・那覇会場
      2019年3月17日(日) 大阪会場
    • 受講費用
      15,000円(税込16,200円)※教材費含む
      ※登録手数料と合わせて、30,000円(税込32,400円)です。※主任者証発行も含みます。
    • 受講資格
      ・「競売不動産取扱主任者」試験合格者
      ・登録講習終了後、登録・主任者証の交付を受ける方
    • その他
      ・競売不動産取扱主任者の登録及び登録講習、主任者証の交付は年1回となります。
      ・昨年までに合格された方で、主任者登録がお済みでない方にも2019年1月上旬に登録案内を郵送でお送りいたします。
      ・ご不明な点は、試験センター までお問い合わせ下さい。

主任者証

登録→主任者証交付 手続をすると主任者証が交付されます。

主任者登録のメリット ※プロとして活躍の場が拡がります!

1.法務大臣認証ADR調停人登録

競売不動産取扱主任者が基礎資格となりますので、指定研修受講後、法務大臣認証機関「日本不動産仲裁機構」にADR調停人候補者として登録可能

2.FKR会報誌 年1回発送(個人会員は毎月)

競売の知識、不動産時事ネタ、成功者の声、世界の不動産事情など明日から業務に取り入れよう、不動産業界の今話題のネタ、海外不動産の動きなどを提供しています。

3.主任者限定講座、懇親会、レクリエーション等への参加可能(人脈形成の場)

さらなるステップアップを図るため「競売不動産取扱主任者限定実務講座」を各地で開催しております。実務に多様な不動産競売の現場に携わり現地調査から強制執行まで自ら経験している不動産のプロや執行補助者として執行官とともに行動しておられる講師による実務講座は貴重な体験談を聞く機会です。参加者からは大変好評を得ております。

【開催実績】
2013年 東京会場
2014年 東京会場・大阪会場
2015年 大阪会場・東京会場・名古屋会場・仙台会場・金沢会場・福岡会場・沖縄会場
2016年 大阪会場・札幌会場・東京会場
2017年 大阪会場・東京会場
2018年 大阪会場・東京会場

講習会後の懇親会では、不動産従事者、金融従事者、法律家、大家さん等が参加され、交流を図っております。最近では学生の受験も目立ちますので、求人などリクルート活動の一環となるかもしれません。

主任者講習1 主任者講習2 主任者講習3

4.主任者登録につき981.jpの有料会員「ベーシック会員、プロ会員」の会費が半額

月会費981円(税抜)のベーシック会員、10,000円(税抜)のプロ会員の会費が半額となります。プロ会員なら利用できるデータは FKR正会員並みに利用できます。

【活用例】
・過去3点セットを購入する場合、981.jp無料会員は1事件につき3,000円(税抜)となります。 競売不動産取扱主任者として登録された方は、981.jp有料会員の月会費が半額となりますのでベーシック会員の場合、490.5円(税抜)で3事件までダウンロードが無料、プロ会員に限っては5,000円(税抜)にて20件までダウンロードできますので、かなりお得です。
→ 通常の無料会員 1件につき3,000円(税抜)
→ ベーシック会員 490.5円で3件まで無料  通常なら3,000円×3件=9,000円
→ プロ会員    5,000円で20件まで無料  通常なら3,000円×20件=60,000円

5.不動産業界への就職・転職が有利

(※FKR入会には「主任者在籍」が必須となりました)。
2019年4月よりFKRへの加入に際し、競売不動産取扱主任者の在籍が必須となります。
FKRは不動産競売を扱う不動産業者、それに賛同している士業、金融機関、建設業などが加入する全国で唯一の協会です。
現在、全国で登録している方は2,600名です。資格保有者がいないとFKRには加入できないという事ですからFKRに加入したいという業者様にとって皆様が重要な存在になる事は間違いございません。

よくあるご質問

  • 現時点で登録要件に満たない方
    要件を満たした後(例えば宅地建物取引士合格後)に登録が可能です。
    合格要件は消えません。
  • 主任者証に記載の氏名
    宅建免許の名義に合わせます。

    【主任者証に記載の氏名変更】
    A) 主任者登録済の方
    変更記載のある身分証明書のコピー(運転免許証等)のご提出が必要です。
    B) 新規主任者登録の方(受験時と名前が違う)
    戸籍抄本のご提出が必要です。
  • 紛失・氏名変更等による主任者証の再発行
    手数料2,000円(税別)で再発行が可能です。 試験センター までご連絡下さい。
  • 主任者証の失効
    一度登録し5年後更新しなかった場合、再度実務講習を受講し再登録が可能です。